相続相談 誰に?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

多くの方々は、相続相談を誰にお願いしていいか迷っているのではないでしょうか。やっぱり自分自身でするには大変だから、プロフェッショナルに相談しようと思うものの、果たしてプロとは誰のことなのでしょうか。それは弁護士なのかもしれませんし、税理士かもしれません。まだいろいろと士とつく人たちが多すぎてかなり悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

一番最初に弁護士に相談しようという気持ちが起こる人たちも多くいます。弁護士イコール裁判というイメージもどこかにあるのではないでしょうか。相続で調停や裁判という場合は、そのような人たちが大いに貢献してくれて、代理人となり交渉してくれるでしょう。実際に弁護士にお願いするケースは、内容が複雑なケースが多く一般的には費用が嵩む傾向があります。

他に行政書士にお願いする人たちもいます。行政書士という人たちは、行政機関等に提出する書類を作成することを主な仕事としています。遺産分割協議書などの書類の作成することなら、行政書士にしてもらうことが出来るでしょう。

更に司法書士にお願いするという方法もあります。司法書士の場合、登記業務が主な仕事です。自宅の名義変更などは司法書士の専門分野ということが出来ます。相続時の財産管理なども司法書士に任せることが可能です。そして税理士に任せるという人たちもいます。果たして税理士に相談するメリットは何があるのでしょうか。税理士は税金に関することを得意としている人たちです。