支払わなくていい納税

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

みなさんも税務調査という言葉を一度は聞いたことがあるでしょうけど、税務調査は、会社が相手となる調査ではありません。相続に関しては、相続税の申告に不明瞭な点があれば、個人に対しても行われることが往々にして起こっています。私達は、そのような問題ともしっかりと向きあい対策について考える必要があり、そのときやっぱり自分自身で相続対策をするのは妥当ではないと感じることになります。

相続の問題に関して言えば、3人の1人の割合で税務調査が実施されている状況です。これは多くの人たちが自分自身で片付けてしまおうという気持ちを持っているゆえ起こっている問題です。申告漏れが見つかったとなれば、高額な追徴金を請求されてしまう場合があり、相当なリスクが結果あなたを襲うことになります

そのとき、税理士がついていればそのようなリスクを軽減することが出来ますし、急な税務調査にもうまく対応してもらうことが出来ます。自分自身だけでは、意味もわからないまま請求だけされてしまうというケースも決して珍しいことではありません。自分自身でという場合では、本来支払わなくていい納税までしてしまうこともとても頻繁にあります。そのような問題も税理士が問題解決します。

長い目線

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ケースバイケースということになりますが、相続の問題を税理士に相談する人たちも最近ではとても多くなって来ました。平成27年からは、税改正によって相続税の問題は、今までとは様変わりをし、今までは相続税の課税対象となっていなかった方も、今回の大増税によって課税対象となってしまう可能性を抱えているのです。

そのとき相続の問題を自分自身で解決しようと思っている人たちもいるのかもしれませんが、やっぱりなかなか難しい問題ではあり、素人目線で全てに目を届かせることはほぼ不可能とも言えるのではないでしょうか。みなさんがあとあと後悔しないために専門家に相談するというモチベーションは正しい答えです。

相続という問題は、目の前にあるものだけをかたづければいいという問題ではありません。代が変われば次の相続が発生してしまうことになります。税理士に依頼をした場合は、こうした二次相続にまでしっかりと関わり、サポートしてもらうことが出来ます。

二代、三代と効果が望める相続について税理士というプロフェッショナルとしっかり向きあい相談してみてはいかがでしょうか。まさに税理士に相談するメリットは、長い目で見た相続対策が出来ることではないでしょうか。

関連サイト→相続相談
相続相談を受け付けている〔ソレイユ相続相談室です〕。

それぞれのメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

税理士は税金に関することを得意としている人たちです。そのとき相続税は税理士に相談という気持ちも当然起きることでしょう。そのとき注意しなければならないのは、税理士は相続税のために存在している人たちではありませんので、相続に精通している人とそうでない人たちとの差があると言われています。相続の問題で、税理士に相談するのも方法ですが、そのときはしっかりと相続税について熟知している税理士を選択したいものです。

例えば遺言がある場合では、相談すべき相手は弁護士や司法書士ということになるのではないでしょうか。それも「自筆証書遺言」か「公正証書遺言」かで変わりますが、自筆証書遺言の場合は家庭裁判所での検認が必要となり、この際に依頼できるのは弁護士か司法書士です

遺言が無い場合、遺産分割協議が行われて、遺産分割協議がまとまらない場合、遺産分割調停という流れになってしまうことになりますが、このとき依頼することが出来るのは、弁護士という存在なのです。

そして、遺産分割協議書を作成しなければならないという時もあるでしょう。そのようなときは、 行政書士がきっとしっかりとサポートしてくれることになります。そして、相続税の申告には、税理士です。

相続相談 誰に?

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

多くの方々は、相続相談を誰にお願いしていいか迷っているのではないでしょうか。やっぱり自分自身でするには大変だから、プロフェッショナルに相談しようと思うものの、果たしてプロとは誰のことなのでしょうか。それは弁護士なのかもしれませんし、税理士かもしれません。まだいろいろと士とつく人たちが多すぎてかなり悩んでいらっしゃるのではないでしょうか。

一番最初に弁護士に相談しようという気持ちが起こる人たちも多くいます。弁護士イコール裁判というイメージもどこかにあるのではないでしょうか。相続で調停や裁判という場合は、そのような人たちが大いに貢献してくれて、代理人となり交渉してくれるでしょう。実際に弁護士にお願いするケースは、内容が複雑なケースが多く一般的には費用が嵩む傾向があります。

他に行政書士にお願いする人たちもいます。行政書士という人たちは、行政機関等に提出する書類を作成することを主な仕事としています。遺産分割協議書などの書類の作成することなら、行政書士にしてもらうことが出来るでしょう。

更に司法書士にお願いするという方法もあります。司法書士の場合、登記業務が主な仕事です。自宅の名義変更などは司法書士の専門分野ということが出来ます。相続時の財産管理なども司法書士に任せることが可能です。そして税理士に任せるという人たちもいます。果たして税理士に相談するメリットは何があるのでしょうか。税理士は税金に関することを得意としている人たちです。