それぞれのメリット

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

税理士は税金に関することを得意としている人たちです。そのとき相続税は税理士に相談という気持ちも当然起きることでしょう。そのとき注意しなければならないのは、税理士は相続税のために存在している人たちではありませんので、相続に精通している人とそうでない人たちとの差があると言われています。相続の問題で、税理士に相談するのも方法ですが、そのときはしっかりと相続税について熟知している税理士を選択したいものです。

例えば遺言がある場合では、相談すべき相手は弁護士や司法書士ということになるのではないでしょうか。それも「自筆証書遺言」か「公正証書遺言」かで変わりますが、自筆証書遺言の場合は家庭裁判所での検認が必要となり、この際に依頼できるのは弁護士か司法書士です

遺言が無い場合、遺産分割協議が行われて、遺産分割協議がまとまらない場合、遺産分割調停という流れになってしまうことになりますが、このとき依頼することが出来るのは、弁護士という存在なのです。

そして、遺産分割協議書を作成しなければならないという時もあるでしょう。そのようなときは、 行政書士がきっとしっかりとサポートしてくれることになります。そして、相続税の申告には、税理士です。