支払わなくていい納税

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

みなさんも税務調査という言葉を一度は聞いたことがあるでしょうけど、税務調査は、会社が相手となる調査ではありません。相続に関しては、相続税の申告に不明瞭な点があれば、個人に対しても行われることが往々にして起こっています。私達は、そのような問題ともしっかりと向きあい対策について考える必要があり、そのときやっぱり自分自身で相続対策をするのは妥当ではないと感じることになります。

相続の問題に関して言えば、3人の1人の割合で税務調査が実施されている状況です。これは多くの人たちが自分自身で片付けてしまおうという気持ちを持っているゆえ起こっている問題です。申告漏れが見つかったとなれば、高額な追徴金を請求されてしまう場合があり、相当なリスクが結果あなたを襲うことになります

そのとき、税理士がついていればそのようなリスクを軽減することが出来ますし、急な税務調査にもうまく対応してもらうことが出来ます。自分自身だけでは、意味もわからないまま請求だけされてしまうというケースも決して珍しいことではありません。自分自身でという場合では、本来支払わなくていい納税までしてしまうこともとても頻繁にあります。そのような問題も税理士が問題解決します。